【グランメゾン東京】第1話の感想をボナペティ!

 

 

 

木村くんの主演ドラマ「グランメゾン東京」の放送が始まりました〜!!!!!

 

今回あまり期待せず1話見て見続けるか決めようと思ったのですが

まんまとはまる

 

結局王道感あふれるストーリーが好きなんだな自分(笑)

 

 

 

 

 

 

グランメゾン東京#1のあらすじ

公式HPより引用

舞台はパリ。フランス一の三つ星レストラン「ランブロワジー」で面接を受けていた早見倫子(鈴木京香)。彼女は、料理人としての人生をかけてフランスにきていた。そんな中、ある一人の男と出会う。

その男は、倫子が“実技テスト”で前菜を作ろうとしているところに、突然駆け込んできて、一方的にメニューのアイディアを出して、代わりに作ろうとする。聞けば、昔ランブロワジーで働いていたから好みが分かるというのだ。その矢先に、男は、借金取りに追いかけられて、去っていく。
その男こそが、パリで二つ星を獲得し、三つ星に最も近いとされたフレンチ料理人。しかし、3年前のある事件がきっかけで表舞台から消え去った日本人シェフ・尾花夏樹(木村拓哉)だった。

その後、面接に落ちた倫子は、落ち込んでいる中、再び尾花と出会う。
そこで、尾花が作った料理のあまりの美味しさと、自分の実力のなさに、倫子は思わず涙をこぼした。
その時、尾花は倫子に突然、一緒に店をつくらないかと提案する。

 

※補足

この赤字で書いた”ある事件”っていうのが、パリで尾花がシェフとして勤めていた「エスコフィア」で日仏首脳会談の昼食会が行われた際の出来事。昼食会に参加したフランス側の官僚がナッツアレルギーで倒れてしまった事件。ナッツを意図的に混入させた疑いをかけられ、”料理にケチをつけられた”と官僚を殴って逮捕されてしまう。「エスコフィア」は撤退せざるを得ない窮地に立たされ、尾花は「日本の恥」とも呼ばれるようになってしまった。

 

 

 

◎#1の感想

そもそもグランメゾンの意味をググると和製英語で三ツ星に相当するレストランの総称みたいです。

 

尾花と倫子そしてかつて「エスコフィア」で働いていた仲間たちがミシュランで三ツ星をとるために再起をかけて奮闘する物語と同時進行で上記の”ナッツ混入事件”の真相を暴くサイドストーリーが繰り広げられるのが見物!

ただの再起ストーリーじゃ物足りないもんね!

 

成功・失敗・挫折…他人の名誉や成功に嫉妬して自分は落ちぶれて…

人生を生きるうえで直面するであろう状況にのめりこんでいる自分…!笑

(自分なんて挫折して折れたまんまで治癒力0ですけど…)

 

 

キャスト問題でいろいろ言われてたけど(木村くんがオファーした女優はすべて出演拒否されたってやつ)(事実か知らんけど)(こうゆう情報にすぐ騙されるひと)

同世代のチーム一体感あるし、ちぐはぐな部分がない安心して見られるキャスティングだと思った!

今回鈴木京香が演じる早見倫子がヒロイン性よりもヒーロー性があるのでピタッと型がはまるのかもしれない!

ここで若手の売り出したいみえみえ、現に活躍ひっぱりだこの女優よりもベテラン大女優のほうが安心して視聴ができる信頼感あるわ。

 

 

 

そして、木村拓哉なドラマを全世界は求めていました。ありがとうございます。

 

ガンガン木村拓哉で演じる木村拓哉大勝利ですわ(伝わらない)

 

あまのじゃくで、ひとの意見は採用しない、己が一番なめんどくさいやつだけど

倫子がクスクスに柚子胡椒が合うとかごはんいれたほうがいいって言ったことに対して「論外!」ってバッサリ切ったの後日真っ先に採用して作っちゃうそういう、素直じゃない優しさとの演じ分けが木村拓哉うまいんすよぉぉぉぉぉ!(ちょっとスマオタのひいき目はいってるけどもね)

笑いなし照れなしできめっきめにかっこつけるからこそ、ちょっとした優しさとか言動にしみるんだわ…はぁ

 

そして、ボナペティを乱用しそう問題ね

※ボナペティはフランス語でめしあがれだそうです。いやいつ使うん。料理をたいしてしてやらないまったくやらない女が。

はぁ~木村拓哉のボナペティをアラームにして目覚めたいな~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です